カテゴリー
のまる
アパレル勤務ひとり暮らしのサラリーマンです。
ミニマリストじゃないけどシンプルに過ごすことを心がけています。
普段の暮らしが少しでも快適になるような、
掃除、洗濯、買い物のことを書いています。

【イソップ】ハンドウォッシュ比較「レバレンス」「 レスレクション」どっちがいいの?

この記事でわかること
  • イソップのハンドソープの種類
  • それぞれの特徴(洗い心地、香り、成分)
  • 自分(相手)はどっちが好み?
  • SNSの反応

おしゃれカフェやホテルに置いてある、おしゃれなハンドソープ。それイソップかもしれません。

高級感のあるボトル、気持ちを和らげてくれるいい香り、洗い心地も良い!

「うちにもコレ欲しい!」

「こんなお洒落な空間作りたい!」

イソップのハンドソープがその第一歩になるかもしれません。

イソップのハンドソープいったいどんな種類があるのか? 実際使い心地はどうなのか?

ここではイソップのハンドソープについて、特徴や実際に使ってみた感想を紹介します。

こんな方におすすめです
  • 自宅の洗面所をお洒落にしたい
  • 自分へのご褒美が欲しい
  • 大事な人へのプレゼントを探している
  • いったいどっちが良いの?

「もう知ってるよ〜」という方も自分や、プレゼントする相手の好みにどれが合うか是非チェックしてみてください。

インスタ#イソップハンドソープ)のお洒落な画像も参考にして、

お店に行く前やネットで購入する前の予備知識にしてもらえばうれしいです

結論
  • イソップのハンドソープは2種類展開
  • 優しくマイルドに洗うならレスレクションハンドウォッシュ
  • 角質ケアしてしっとり洗うならつぶつぶ入りのレバレンスハンドウォッシュ
  • 迷ったらレスレクションハンドウォッシュ
  • 大容量なので意外とコスパはいい
スポンサーリンク
目次

イソップとは

イソップは1987年に創業オーストラリアのメルボルンに本社があり、

研究を重ねた植物由来成分と非植物由来成分を使用し、スキンケア、ヘアケア、ボディケア製品の創造を追求し続けている会社です。

成分にこだわっているから安心感があり、シンプルなパッケージや香りが人気の理由です。

幅広い年齢、性別関係なくファンが多いです。

植物性の成分だけを使っているわけでは無いところに新しいチャレンジ精神を感じますね。

イソップのハンドソープは2種類

では、いよいよ本題です。イソップのハンドソープは2種類の展開があります。

レバレンスアロマティック
洗い心地つぶつぶ入りで角質ケアマイルドな洗浄
香り土っぽいスモーキー
(ウッディ好き向け)
ウッディと柑橘系
(万人ウケ)
値段4,730円/500 mL4,730円/500 mL
何日持つ?1日5回で約100日1日5回で約100日

ボトルの見た目はほぼ同じなので、中身についてそれぞれの特徴を紹介します。

レバレンスハンドウォッシュ

レバレンス 洗い心地

レバレンスの特徴といえば、つぶつぶ入りというです。

小さく粉砕された軽石が入っていて

これが古い角質をとり肌をつるっとした仕上がりにしてくれます。

店員さんの説明では

イソップ店員さん

つぶつぶ入りだけど、1日何回洗っても荒れないように小さな小さな粒になっている

ということです。

また、同じ香りのハンドクリームと組み合わせることでしっとり感(保湿力)を上げることができます。

手洗いとスキンケアも兼ね揃えたハンドソープということですね。

実際、ハンドクリームが無くても洗い上がりはつるっとすべすべになっていると感じます。

レバレンス 成分

水とラウロアンホ酢酸Naがメインです。

ラウロアンホ酢酸Naというのは界面活性剤の一種でシャンプー、ボディソープなどによく使われているものです

先述しましたが、パミスという軽石を粉砕したつぶつぶが入っていることが大きな特徴です。

レバレンス 香り

ベチバールートという根っこに強い香りを持つイネ科の植物の成分が入っています。

この成分で土っぽい匂いを出しています。そこにスモーキーな香りもプラスされて、複雑な深い香りになっています。

ウッディ系が好きな人は良いに匂いと感じるかもしれません。

シトラスや花の匂い、また甘い匂いが好きな人には向かないかもしれません。

洗い終わった後の香りはあまり残りません。

アロマティック(旧レスレクション)

アロマティック 洗い心地

レスレクションの特徴はオイル配合ということです。

さっぱりした洗い上がりですが、オイル分が乾燥から手肌を守ってくれます。

マイルドな洗い上がりでどんな人にも馴染みやすいと思います。

アロマティック 成分

ココベタイン(ヤシ油から取れる両面活性剤)やコカミドDEA(ヤシ(ココナッツ)から得られる植物由来の界面活性剤)が使われているので

なるべく肌に優しいことを考えてられてそうです。 

アロマティック 香り

シトラス、ウッディ、ハーバル配合でこちらもウッディ系ですが、マンダリンの皮やローズマリーの葉のエキスで、柑橘系の香りもプラスされていて深みはあるけどレバレンスよりさっぱりした印象です。

しっかり泡立てることで香りの変化を楽しむことができます。

イソップのハンドソープではこのアロマティック(旧レスレクション)方が人気です。

値段と容量

価格はどちらも500mlで4,730円で(1ml当たり 9.46円)一見高く思います。

確かに安くは無いですが、容量が多いので長持ちします。

1回の手洗いで1ml使うとして、仮に1日5回(5ml)使うなら100日間。

二人暮らしでも50日(もう約2ヶ月)持ちます。

容量値段1ml当たり1日5回使用
500ml4,730円9.46円100日間くらいは持つ

SNSの反応

同僚にプレゼントしてもらってから
ハマってリピート

よい香りとスベスベ感で
手洗いがより楽しくなるからね

手荒れしないし香り良くて
洗う度にテンション上がる上がる

#イソップハンドソープインスタより引用

イソップのハンドソープ買って、手を丁寧に洗うようになった。

高いからしっかり洗おうってなる。

カフェのトイレに置いてあり、一緒にいた友人にわざわざ使いに行かせた

イソップのハンドソープで手を洗うと一瞬で洗面所がいい匂いになる

#イソップ ハンドソープツイッターより引用

まとめ

レバレンスアロマティック
洗い心地つぶつぶ入りで角質ケアマイルドな洗浄
香り土っぽいスモーキー
(ウッディ好き向け)
ウッディと柑橘系
(万人ウケ)
値段4,730円/500 mL4,730円/500 mL
何日持つ?1日5回で約100日1日5回で約100日

それぞれ同じ香りのシリーズでハンドクリームも出ているので、合わせて使うとスキンケアとしてさらに効果が出ます。

店頭に行かれる前になんとなくでもこの2種類の違いを知っていると決めやすいと思います。

何も知らないまま行くと、香りの違いも訳がわからなくなって迷ってしまいます。

店員さんに聞きながら実際に試すことが説明を受けれるし、購入時コットンバック(巾着)も貰えるので店頭で購入するのが一番良いですが、近くにお店が無い場合はWEBで。

急いでいる場合や送料が気になる方はAmazonで。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

ではまた他の記事で!ありがとうごいました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
のまる
アパレル勤務ひとり暮らしのサラリーマンです。
ミニマリストじゃないけどシンプルに過ごすことを心がけています。
普段の暮らしが少しでも快適になるような、
掃除、洗濯、買い物のことを書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる