カテゴリー
のまる
アパレル勤務ひとり暮らしのサラリーマンです。
ミニマリストじゃないけどシンプルに過ごすことを心がけています。
普段の暮らしが少しでも快適になるような、
掃除、洗濯、買い物のことを書いています。

【ウール(毛)の臭い】原因と消臭方法 

この記事でわかること
  • ウール(毛)製品の臭いの原因
  • 臭いを取る方法

冬に大活躍のウール。ニットやコート、マフラーなど、暖かくて独特の風合いが魅力的です。

そんなウール。なんだか臭うときはないですか?

「あれ?新品なのに臭い」

「ウールってどうしてこんなに臭うの?」

「濡れたら臭いな」

全てのウール製品がそういうわけではありませんが、独特の獣臭さが残るウール製品は少なくありません。

ここではウール製品の臭いの原因と、おうちで出来る臭いの取り方を紹介します。

ウール(毛)製品の臭いについては、悩んでいる方はすごく多いです。気になっているあなたも、ぜひチェックしてみてください。

結論
  • 臭いの原因はラノリンという脂肪質や染料機械油
  • 水分と乾燥の組み合わせで臭いを軽減することができる。
  • それでも取れない場合はプロの力を借りる。(ドライクリーニングに出す
スポンサーリンク
目次

ウールの臭いの原因

原因① ラノリンによる獣臭

ウールとは羊毛(主にメリノウール)のことを指します。

羊毛には保湿性を高めたり、毛をコーティングする役割があるラノリン(羊毛脂)という脂肪質が含まれていてます。

このラノリンがウールの獣臭さの原因になっています。

ラノリンは化粧品の原料や、軟膏などの医療品に使われるなど、私たちの身近にもある物質ですが、精製される前のラノリンは強い臭いがあります。

通常は糸を染色する前や、臭い自体を取るためにラノリンをある程度は除去するのですが、

ウールの保温性や撥水性を保つために意図的に多めにラノリンを残しておいたりします。

または、単に生産工程のミスであまり脱脂されず、ラノリンがたくさん残ってしまう場合もあります

このように、生産過程で繊維にラノリンを残す(残る)量によって臭いが強くなってしまうというわけです

原因② 残留染料や機械油による石油臭

残留染料

ウール製品だけに限ったことではないのですが、

繊維を染める時のすすぎ不足が原因染料が残っている場合があります。これを残留染料と言います。

この残留染料も臭いを出す原因になります。

機械油

また、衣類はいろいろな機械を使って作られています。

ニットなら編機、カットソーならミシン、糸を撚る時の紡績にも機械が使われています。

機械には、滑りをよくするために所々にオイルが注されています。

機械から滲み出たオイルが、加工する過程で糸や製品についてしまうことがあります。

そのまま放置されて油が酸化してしまうと強い臭いを出してしまうというわけです。

  • 染料の残り
  • 機械油

これらが重なって、石油臭さの原因になります。

また、水に濡れるとラノリンの獣臭や石油臭は強くなります。

スーツや制服が濡れると、臭くなる時がありますよね。

あれは製品に(糸自体に)付いている臭い成分が水分の色々混ざっ出てきてしまっている状態です。

臭いの取り方 3選

では、どうやって臭いを取るのでしょう。

それは

水分と乾燥の組み合わせです。

水分で臭い成分を包んで、乾燥で空気に放出するイメージです。

消臭方法① スチームアイロンを使う

たっぷりのスチーム(蒸気)で臭いを吸収して飛ばします。

表面に吸収されてた水分が、乾くときに臭い成分も一緒に飛ばしていきます。

高温の蒸気なので乾くのも早く、消臭効果も早く実感できます。

またスチームの勢いと熱で、除菌殺虫効果やシワも取れるのでこの方法が一番おすすめです。

ご家庭にスチームアイロンがあれば試してみてください。

後に紹介する2つとの組み合わせで効果が倍増します。

消臭方法② 一晩陰干しをする

「スチームアイロンなんて家にないよ」という方でも大丈夫。

方法はまだあります。それは

夜から朝にかけて外で干しておく、

ポイントは繊維に夜露(よつゆ)を吸わせて、朝の日の光で乾燥させるというところで、

【水分+乾燥】の工程をたっぷり時間をかけて行います

この方法は時間がかかりますが、

  • 放ったらかしでいい
  • 時間をかけるので強めの臭いにも効果的

というメリットがありますので、忙しい方は試してみてください。

消臭方法③ 消臭スプレーを使う

「おいおい、もっと即効性のある方法はないの?」という方には、薬品の力で消臭する方法がおすすめです。

薬品と言っても、ファズリーズなどの消臭スプレーのことです。

こちらも水分をしっかり吸わすことと、そのしっかり乾燥させることが大事です。

注意したいのは、

  • 消臭スプレー自体の匂いが混ざって余計に変な匂いになってしまう
  • 化学成分を使ってしまうので敏感肌の方には刺激になってしまう

ということです。

臭いや薬品に敏感な方は避けた方がいいでしょう。

即効性があるので急いでる場合はこの方法を試してください。

それでも臭いが取れないときはプロに任せる

3つの方法を試したけど

「どもれ効果がない!」

という方へ。

時間とともにだんだん軽減はされるので、粘り強く繰り返していただきたい

ところですが、

たしかにラノリンの残り方次第では、自分でできることに限界があるのも事実です。

いろいろ試したけど臭いが取れなかったり、どうしても臭いが気になるという場合は次の方法を試してください。

ドライクリーニングに出す

プロに任せてしまいます

臭いがどうしても取れない時にはドライクリーニングが良いでしょう。

ドライクリーニングは、水ではなく石油系の溶剤を使います

石油系の溶剤は皮脂汚れなどの油の汚れを落とします

ウールの臭いの原因はラノリンという脂肪質や油分ですので、石油系溶剤を使うドライクリニーングが効果的です。

またドライクリーニングは、

  • 縮みにくい
  • 型崩れしにくい、
  • 風合い変化も起きにくい
  • 繊維へのダメージがほとんどない

という特徴もあるのでウール製品のメンテナンスにはちょうどいい方法です。

近くのクリーニング店で相談してみて下さい。

実際にクリーニングを依頼する際は、「臭いを取りたい」旨をしっかり伝えてください。

ただクリーニングに出す時の問題は、

  • 値段が高い
  • お店に持って行ったり取りに行ったりする時間がない

忙しい主婦やサラリーマンには大きな負担です。

ただ、そのあたりは宅配サービスを使うことで解決できます。

クリーニングの宅配サービスには

  • お店の営業時間に縛られない
  • 重い荷物を持ち運びしなくていいい
  • 仕上がり品質が高い

というメリットがあります。ぜひ検討してみてください。

自宅で洗濯する

おうちで洗濯してしまうという選択肢がありますが、実はウールに関してはあまりおすすめできません

理由は、

  • 水では油汚れは落ちにくい
  • 水分と摩擦で服の風合いが硬くなる(フェルト化現象)
  • 水分と摩擦と乾燥で縮んでしまう

というリスクがあるからです。

どうしてもおうちで洗う場合は、必ず手洗いで以下の手順で行ってください。

  • おけ等にたっぷり水をためて
  • 洗剤は中性洗剤(特にアルカリ性はNG)
  • ゆっくり押し洗い(揉まない、こすらない)
  • すすぎ2回
  • タオルドライでしっかり水分を取る
  • 水につけてからタオルで拭き取るまでの間3分で終わらす
  • 平干しで陰干し

ウールというのは

撥水性と吸収性の相反する2つの機能があります。

表面だけに水分がかかる分には撥水機能が働いて縮みにくいですが、繊維内部まで水が入ってしまうと収縮して型崩れや縮みの原因になります。

手洗いするにしても手早く済ませるようにしてください。

あまり慣れていない方はスチームアイロン程度までにしておいた方がいいでしょう。

最後に

天然の羊毛はにおいがするものです。

それは羊本来の、保湿保温性や撥水性が残っているということでもあります。

とは言え、耐え難い場合もあると思いますのでその時は焦らず、少しの水分と乾燥(風通し)があるところに保管しておくと自然と軽減されます。

早く効果を出したいという場合は、上記の消臭方法を試してみてください。

いろいろ試して冬のコーデを楽しみましょう。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

記事の内容が少しでも参考になったと思ってもらえるようにこれからも頑張ります。

ではまた他の記事で!ありがとうごいました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
のまる
アパレル勤務ひとり暮らしのサラリーマンです。
ミニマリストじゃないけどシンプルに過ごすことを心がけています。
普段の暮らしが少しでも快適になるような、
掃除、洗濯、買い物のことを書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる