カテゴリー
のまる
アパレル勤務ひとり暮らしのサラリーマンです。
ミニマリストじゃないけどシンプルに過ごすことを心がけています。
普段の暮らしが少しでも快適になるような、
掃除、洗濯、買い物のことを書いています。

【蛍光増白剤とは?】蛍光増白剤入り洗剤のメリットとデメリット おすすめ蛍光増白剤入っていない洗剤

蛍光増白剤入り洗剤は使ってはいけない場合もあって、使い方次第では敵にも味方にもなります。

原因がわからず、お洗濯でのトラブルを繰り返し起こしてしまう方が多いです。

ここでは蛍光増白剤について解説しますので、正しい使い方を知ってお洗濯での失敗を減らしていただきたいです。

普段はアパレル業界で繊維製品品質管理士(TES)として従事しており、こちらも身近な問題として取り扱っております。

この記事でわかること
  • 蛍光増白剤とは?
  • 蛍光増白剤入り洗剤のメリット、デメリット
  • 結局どうしたらいいの?
  • 蛍光増白剤が入っていないおすすめ洗剤まとめ
結論

蛍光増白剤はメリットよりもデメリットが大きい

普段のお洗濯では蛍光増白剤が入っていないものを使う。

柔軟剤は?っと気になっている方はこちらで解説しています。

デニムの洗い方については

目次

蛍光増白剤とは?

  • 紫外線を吸収することで繊維を青白くさせる染料
  • 白い繊維は蛍光増白剤で染められている

蛍光増白剤とは?

蛍光増白剤(けいこうぞうはくざい)とは、

紫外線を吸収して青白く光り、白い物をより白く見せるための染料の一種です。

家庭用の洗濯洗剤に入っていて、洗濯をしながら繊維に白さを与えていきます

蛍光剤や増白剤、白色染料と呼ばれることもあります。

蛍光増白剤を使う理由

蛍光増白剤を使う理由の前に、白い服がどうやって出来ているか軽く触れておきます。

白い服やタオルというのは染められて初めて白色になります。

綿などの繊維は本来の色は生成り(きなり)といって、薄く黄味がかった色(アイボリーに近い)をしています。

生地や糸など素材の生産工程で生成りを白色に染める必要があります。

ここで使われるのが蛍光増白剤です。

しかし、蛍光増白剤は洗濯を繰り返すことでだんだん落ちてしまいます。

これが服やタオルの白度が無くなってなんだか黄ばんでくる原因です。

そこで蛍光増白剤入り洗剤を使って、家庭で黄味がかった繊維に白さを与えるということです。

漂白剤との違い

漂白剤と蛍光増白剤は繊維を白くするという用途では似ていますが、白くする方法が全く違います。

蛍光増白剤

紫外線を吸収して青白く光る → 白色を乗せるイメージ → ダメージ小

漂白剤

化学的に色素を分解して無色化する → 色を抜くイメージ →ダメージ大

漂白剤には除菌や殺菌作用もあるので、

臭いが気になる場合は漂白剤入りの洗剤を使うのが良いでしょう。

ただし、繊維へのダメージは大きくなるので注意が必要です。

蛍光増白剤入り洗剤を使うメリットとデメリット

  • 繊維にダメージを与えず、白さを与えてくれる
  • 淡い色の服は色褪せる(洗えるものは限定される)

メリット

メリット① 白い衣類の白さを蘇らせてくれる。

黄ば味が気になってきた衣類を蛍光増白剤入りの洗剤で洗うと白さが戻ってきます。

ただし、白い服に限定されます。

  • 白いタオル
  • 白いシャツ
  • 白衣
  • 白い靴下や体操着

また、変化がわかりにくいので濃い色の服も洗っても大丈夫です。

メリット② 繊維へのダメージが少ない

蛍光増白剤は、紫外線を吸収して白くなるものなので、繊維に直接的なダメージを与えません。

繰り返し使っても安心です。

漂白剤は化学的に反応させるので繊維へのダメージも大きいです。(脆化)

デメリット

デメリット① 色が褪せてしまう

生成り(きなり)やパステルカラーなどの淡い色の服を蛍光増白剤入り洗剤で洗うと

元の色の上から白色を足してしまうことで、色むらができたり、色褪せたように見えてしまうことがあります

淡い色、柄物、天然繊維には使用しないようにしましょう

  • 綿や麻、レーヨン素材
  • パステルカラー
  • ベージュやアイボリーなど淡い色
  • 柄物

洗えるものが限定されるということです。

洗濯の失敗の原因で多いものの一つでもあるので注意しましょう。

デメリット② 毒性はないものの

蛍光増白剤は体に害はないとされていますが、

紙コップや医療用ガーゼへの使用は禁止されています。

赤ちゃんの服や肌が敏感な方は使わない方がいいでしょう。

参照 日本石鹸洗剤工業会

デメリット③ 洗浄力は強くならない

蛍光増白剤には汚れを落とす効果はありません。

白くなる=汚れが落ちる

ではないので、目的によって使い分けるようにしましょう。

見分け方

表示を見る

アタックの場合

市販されている洗剤には蛍光増白剤が入っている洗剤と入っていない洗剤があります。

裏面に小さく記載されているので、見にくいですが確認してみてください。

  • 「蛍光増白剤を配合しておりません」
  • 「増白剤フリー」
  • 「蛍光剤無添加」

など、いろんな表現で記載されています。

逆に蛍光増白剤は入っているものは

  • 蛍光増白剤
  • 増白剤

と書かれています。

ブラックライトを当てる

紫外線を吸収して青白く光る性質を利用して、ブラックライトをあてて見分ける方法もあります。

この見分け方は、専門家が製品トラブルが起きた時に原因を追求するために使用する方法なので参考程度にご覧ください。

左:アタック 蛍光増白剤無し

右:アリエール 蛍光増白剤入り

蛍光増白剤入りにアリエールが青白く光ります。

もし服が色褪せてしまったら

繰り返し洗濯することで服から蛍光増白剤が落ちていって、元にの色に戻る可能性はある。

もし、うっかり間違って蛍光増白剤入りの洗剤を使ってしまって、

服が色褪せてしまった場合はどうするか?

残念ながら、一度色染まったものは簡単には戻りません

ただし先述したように、

蛍光増白剤は色が抜けた訳ではなく、白く色が染まっているイメージです

繰り返し洗うことでだんだん元の色に戻る可能性はあります。

捨ててしまう前にダメ元で試してみるのも良いでしょう。

結局どうしたらいいの?

①使い分ける

  • 白い物には蛍光増白剤入り洗剤
  • その他は蛍光増白剤無しの洗剤

用途の違いがわかったところでの最適解としては、

必要に応じて、蛍光増白剤入りの洗剤と使い分けることです。

白いものをさらに安全に白くできますし、蛍光増白剤にもメリットはあります。

②蛍光増白剤入り洗剤は使わない

  • 色褪せの危険性
  • 敏感肌への影響

間違って使ってしまうと、大事な服をダメにしてしまったり、

肌トラブルの可能性もゼロではないということから、

普段は蛍光増白剤が入っていない洗剤を使った方がいいでしょう。

蛍光増白剤が入っていない洗剤おすすめまとめ

一点一点調べるのは面倒臭いと思うので、

市販されている中で蛍光増白剤が入っていないおすすめ洗剤をまとめました。

ぜひチェックしてみてください。

いかがでしたか。

記事の内容が少しでも参考になったと思ってもらえたら幸いです。

ではまた他の記事で!ありがとうごいました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
のまる
アパレル勤務ひとり暮らしのサラリーマンです。
ミニマリストじゃないけどシンプルに過ごすことを心がけています。
普段の暮らしが少しでも快適になるような、
掃除、洗濯、買い物のことを書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる